読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くりりんの世界珍道日記*

〜人が、世界が、好きだから。もっと好きになりたいから、旅に出てみた。〜

お寺を回りながら旧市街地を探索して夜はナイトバザールへ行ってきた@チェンマイ

 

こんにちは^^

チェンマイのゆったりとした空気に

完全にハマっています、くりりんです。

 

 

昨日は朝ゆっくりしてお昼頃から活動開始!!

 

チェンマイの旧市街地内のお寺を回りながら

ぶらぶらしてきました〜!\(^o^)/

f:id:kuririn27:20150518170402j:plain

特に意味はないけどシリーズ今日はこちら❤️

このチェンマイ・トレッキング先にて。

まさにちょっとそこまで*って感じ

 

 

チェンマイはお寺がたくさんあるため、

旧市街地にあって有名なお寺三つだけを回ることに。

 

はじめに向かったのが、

ワット・チェンマン

f:id:kuririn27:20150518170200j:plain

なんでも1296年に建てられたらしく、

チェンマイで最も長い歴史を持つお寺

なんだとか!!

 

f:id:kuririn27:20150518170622j:plain

f:id:kuririn27:20150518170859j:plain

f:id:kuririn27:20150518170916j:plain

 

 

そしてまたぶらぶらと歩き出すと、

こんなのやってました! 

f:id:kuririn27:20150518171045j:plain

 

なにやら面白そうだから行ってみたら。。。

 

 

ふむふむ

f:id:kuririn27:20150518171218j:plain

 おおお?

f:id:kuririn27:20150518171132j:plain

 

おおおおおお!!!

f:id:kuririn27:20150518171152j:plain

 

 

うん!!

いいよ、いい!!!!

 

 

ここ、好き!!!

 

 

なんか聞いたところによると、

このマーケットは5のつく日に開催されてて

ハイシーズンはもっとお店もいっぱいなんだとか。

 

 

おしゃれで美味しそうなもん

いっぱいあって試食もできるし、

 

売ってる小物もかわいいし、

 

タイ人の方にタイ人だと思って話しかけられるし。

しかも二人に間違えられるし。

 

 

 

( ;´Д`)

 

確かに色は黒いけどさ〜

 

だけどさ〜

なんかさ〜

 

 

 

ん?笑

なんか気付いたら違う方向に。笑

 

 

 

外のベンチでゆっくりして

ブーゲンビリヤが綺麗で幸せ。*

 

f:id:kuririn27:20150518171442j:plain

 

そして次に向かったのが、

ワット・プラ・シン

 

の前に見つけちゃいました❤️

 

アートスクールのようなここ。

f:id:kuririn27:20150518171630j:plain

f:id:kuririn27:20150518171525j:plain

いいな〜こういうのいいな〜

 

私も描きたいな〜

 

ヘッタクソだけど、

お絵描きは好きなんです、私。

 

自分のじいちゃんもばあちゃんも

実は絵描きさんだったし。

 

 

 

もっと描きたいものを自分の心のままに

表現できたらいいな〜

 

なんて思いがありまして。

 

 

 

いや〜癒される〜

 

 

さて着きましたよ、

チェンマイで最も格式が高いとされている

ワット・プラ・シン!!

 

f:id:kuririn27:20150518171735j:plain

  

そして街をぶらぶら再開!

 

小物とか絵を売っているお店とか、

マーケットで見られるような東南アジア

よく見かける洋服とは全く違って

 

少数民族の衣装を元にして作ったんだろな〜

って感じのお洋服屋さんとか

 

ハンドメイドの雑貨が売ってるお店とかとか。。。

 

 

癒される〜

高いから見てるだけ〜

 

だけど、

 

癒されるぅ〜

 

 

そしてぼんやり歩いていたら、

なんだか縁日に出くわしました!!

 

 

f:id:kuririn27:20150518171819j:plain

 

おおお!

これまたいい感じ!!!

 

 

 

とりあえず人の群れに入り込みました!!

 

お腹が残念ながら空いていなかったので、

タピオカのような味のゼリーの入ったコーヒーを購入!!

f:id:kuririn27:20150518171901j:plain

 

 

 

んまーい!!

 

\(^o^)/

 

 

 

縁日を進んでいくと、

お寺になにやら人がいっぱい。。。

 

f:id:kuririn27:20150518171956j:plain

 

縁日の元はここだったのか!!

 

話を聞いてみると

なにやら仏陀のお祭りらしい。。。

 

みんながお供え物を持って

お水をあげたりお賽銭をしたり。

 

f:id:kuririn27:20150518172025j:plain

 

本堂はそれはもうきらびやかな世界。。。

f:id:kuririn27:20150518172043j:plain

 

こ、、これはすんごいな!!

 

 

 

日本のお寺や神社とは

やっぱり違うなあ。

 

同じ仏教でも、

 

日本のは大乗仏教

タイは上座部仏教

 

 

 

起源は同じ仏教でも、

それぞれの国に行き着くまでの歴史が違うし、

根付いてからこれまでの歩みも違うのだから

当然なんだろうな〜

 

 

そしてこの日はこのまま、

ナイトバザールへも向かいました!!

f:id:kuririn27:20150518172213j:plain

 

 

 

今日アクティブ!私!!

 

\(^o^)/

 

チェンマイ・ナイトバザールについてはこちら

www.tripadvisor.jp

 

※これ以外にもチェンマイについて色々

知りたい人はこちら!!

 

 

チェンマイのナイトバザールは、

夜になるとチャン・クラン通りにある三階建てのビルを中心に

周辺の歩道にまで渡って広がり、おみやげ物屋が集まります!!!

 

  

旅に出てから、かわいい洋服やアクセ、雑貨なんかを見つけても、

いやいやまだ旅は長いから、荷物増えるだけだから。。。

 

なんて涙を飲んで諦めることも多いけど、

 

 

 

せっかくきているのだからという気持ちから

行ってみました!!

 

 

やはり、

イはお土産の質が高い。

 

 

東南アジアに行けばどこでも買えるワンピースやスラックスも

タイは定番に加えてさらに一歩進んだデザインがある。

 

なんてことがよくあります!!

 

 

さすが観光大国!!!!

 

 

でも案の定、

買っても荷物が増える。。。

 

っていうのと、

 

本当に欲しいと思うものはたっかい!!

 

 

ということで、

諦めてすごすごと帰りました。涙

 

 

 

 

 

にしてもこの日は仏教というか

宗教についてよく考えた1日でした。

 

 

正直、最近ミャンマーのパゴダやタイのお寺や仏像を見ても、

なんだか形だけのものに思えてしまう自分がいたんです。

 

 

外観ではなく、

大事なのは心でしょ。

 

 

なんて思う私は、

 

あまりにキラキラしたお寺や仏像や

 

その周りにいかにもあとから付け加えました!

っていうような電飾や他の飾りたち、

 

なんだかわいいなと思ったら頭の上に

お金を入れる穴が空いてる

小さいお坊さんの形をした賽銭箱とか。。。。

 

 

それらを見ていると、 

どうしても”外見だけ取り繕われたツクリモノ”

見えてしまい、そこに心があるようには思えなくて、

 

  

だからお寺やパゴダを訪れると最近では、

 

綺麗なお堂や仏像ではなくて

大事なのはそこにいる人だなと、

 

思うようになりました。

 

f:id:kuririn27:20150518170640j:plain

 

この写真の二人の女性のように、

 

 

人々が神を思い、敬意を示した上で、

 

それぞれがそれぞれの思いを込めて

ひたすら神と向き合っている。

 

その姿は本当に純粋で綺麗なもので、

信じられるもののような気がしたんです。

 

 

そして、

 

そんなその場にいる人々が作り出す空気が空間となり、

それがお寺やパゴダという場所そのものなのではないか。

 

だからそこに神を思う人がいれば、

お寺も仏像も極端な話いらないんじゃないか? 

※そこにお寺がなかったら人は集まらないのですが。笑

 

 

なんて思ったりなんかしたりして。

 

 

しかしパゴダやお寺を訪れるたびに

 

人々がひたすら心を込めて

神に祈りを捧げている姿を見て、

 

 

また一つ、

少し違う気持ちが芽生えました。

 

 

私がただのツクリモノだと

言い放ったものたちは、

 

 

何百年も前に人々の心、思いによって想像され

創造されたものであり、

 

それが当時からこうして今まで、

人々の心の拠り所となっている場所であり存在になっている。

 

 

そしてそれらは人々の思いの先にあって、

その思いが何十年何百年もかけて込められ、

それだけの長い間、人々の思いを受け取めている。

 

ということになりますよね。

 

 

つまりは私が偉そうに

「取り繕われたツクリモノだ。」

 

なんて言い放ったお寺の本堂や仏像たちは、

 

 

私が何よりも尊く純粋で信じられるとした

人々の思いが凝縮された場所であい存在である。

 

 

つまりは 

 

「全て人々の思いそのもの」

 

 

ってことになります。

 

 

たとえそれが後から、

別の意図を加えられたものだとしても、

それだって人々の思いによるもの。

 

 

だとしたらそれらは、

多方面の視点をもってしても一言で私ごときが

ツクリモノだなんて言って片付けられないものです。

 

ましてやそれぞれの歴史や時代背景、

そして宗教に関することなどちっともわかっていない

人間が否定していいわけない。

 

 

なんて当たり前なことに気付かされました。

 

 

もちろん、本当に大事なのは、

見てくれではなく心だ。

 

という主張は変わりませんが。

 

 

人々の心が思いとして

こうして形になって現れて、

長い間ずーっと人々の心の拠り所として

思いが寄せられているのだから、

それ自体だって尊い存在であるのは

当然だろうがバカヤロー!!

 

 

ってことですね。笑

 

 

長々と説明しなくても、

はじめからこう言えって感じですね。笑

 

 

とにもかくにも、

毎日こうして日本にいると

きっかけや時間がないがために

考えられないようなことを、

思い切り考えられるって素晴らしいな〜

 

と思います。

 

ええ。

 

 

こういう側面においても

旅の大醐味の一つなんだろうな〜

 

 

 

ふむ。

 

 

さて、なんだか思いのままに書いてたら

わけわかんなくなってきたので、

今日はこの辺で。

 

 

失礼します〜

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

あなたの1クリックが励みになります*

ポチッとお願いします!