くりりんの世界珍道日記*

〜人が、世界が、好きだから。もっと好きになりたいから、旅に出てみた。〜

セブ島を出発して、レイテ島タクロバンへ向かう!!長時間の移動の疲れと街の様子のアンバランスさに正直混乱中。

こんばんは〜

ピザが食べたいけど、

高くてたべられなくて

 

ぐぬぬぬ( ;´Д`)

 

ってなってます、くりりんです。

 

今日も気が向いたらポチッとお願いします^^

ポチっっ❤️

 

 

さてさて、

セブ島に到着してから二日間。

 

特に観光もせず、ビーチにもいかず、

歩いていける街中にある教会や。。。

 

港の近くのサンペドロ要塞にいったりして、

 

それ以外の時間は、

調べものや次に入国するスリランカのビザやら

航空券やらの準備をしていました!!

 

 

そして今日、セブ島を出まして、

 

念願のレイテ島に

上陸しました!!! 

f:id:kuririn27:20150625214301j:plain

 

ちなみに私はレイテ島のタクロバンという、

台風ハイエンの被害が最も大きかった街へ向かいたくて、

ダイレクトにいけるフェリーを探していたのですが、

 

 

★どうやらセブ島からレイテ島タクロバンへ

ダイレクトで行けるフェリーは運行していない模様。

 

セブ島から出ている便は、

どうやらレイテ島オルモック行きのみ。

 

 

ということで、

 

まずはフェリーでセブ島から

レイテ島のオルモックという港町へ

向かうことにしました!!

 

※どうしてレイテ島に向かったのか等は

昨日のブログでご確認を!!!

kuririn27.hatenablog.com

 

他にもフィリピンについて

色々知りたいことがる人はこちらをどうぞ!!!

 

 

 

10:20発のフェリーに乗るべく、

港へとテクテク歩いて向かいます!!

f:id:kuririn27:20150625214338j:plain

 

そしてフェリーに乗り込んで、

f:id:kuririn27:20150625214412j:plain

 

時間を若干遅れたところで、、、

 セブ島出発!!

f:id:kuririn27:20150625214454j:plain

 

だいぶ小振りなフェリーであったためか、

なかなか揺れが人買ったのですが

何故か私の隣の席は人がいなくて眠る体制でいれたので

酔わずに済みました〜

 

 

そして2時間半。

レイテ島オルモックに到着!!

 

 

オルモックに上陸して、

出口に向かって、

 

さてタクロバンまで

どう行くかな〜

 

なんて考える間もなく、笑

 

 

出口に沿って歩いていると

ミニバンのおっちゃんたちが、

 

 

タクロバン!!

タクロバン!!

 

\?????/

 

 

って叫んでいたので、笑

 

特に困ることもなく、

 

そのまますんなりタクロバンへと

向かうことができました!!

 

 

タクロバンへと向かう道もなかなかでこぼことした道が続き、

背が肩から上がなかったので結構きつかったです。( ;´Д`)

 

 

そしてミニバンに揺られること、

約二時間。

 

 

タクロバンに到着しました!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【*セブ島〜レイテ島タクロバンまで*】

区間:セブ島〜レイテ島オルモック

乗物:フェリー

料金:500ペソ

   乗車券475ペソ

     ターミナルフィー25ペソ

時間:約2時間半

     *****

区間:オルモック〜タクロバン

乗物:ミニバン

料金:120ペソ

時間:約2時間

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

タクロバンに近づいていったのは、

外の景色を見ていてすぐわかりました。

 

 

巨大台風ハイエンがレイテ島を襲って

もうすぐ1年7ヶ月。

 

 

オルモックの街もタクロバンほどはいかないまでも

被害に遭っていたはずなのに、

 

ミニバンの窓から見ている限りは、

それを感じさせないほどに街は賑わい、

建物の損傷もそれほど目立たないように思えました。

 

 

考えてみたら1年半以上も経っているのだから、

復興が進んで当たり前なんだ。

 

もしかしたらタクロバンも。。。

 

 

なんて思っていたのですが、

すぐにそれは覆されました。

 

 

二時間近くミニバンで走ると海に近づき、

見える景色が一変して変わりました。

 

 

壁が嗅がされたかのように崩れ、

鉄骨だけが取り残されている廃墟や

一枚の大きな壁だけがたたずむ姿を

何度も見かけました。

f:id:kuririn27:20150625214548j:plain

 

一見フィリピンによくある感じの古いアパートも、

よく見ると窓がバリバリに割れて残されていました。

 

f:id:kuririn27:20150625214625j:plain

 

そんな被災地”の姿を目の当たりにしたかと思えば、

ダウンタウン中心に降りればまたびっくり

 

 

街にはダウンタウンらしく多くの店が立ち並び、

人々が賑わい、綺麗に舗装された道路には

車やジプニーが走りまわっていました。 

f:id:kuririn27:20150625214653j:plain

 

これだけ見たら、

とてもここが被災地だったとは

思えません。

 

 

しかしそれもちょっと海辺に近づけば、

そこは未だ撤去されずに残されている

廃墟となった被災の痕跡が見え、

f:id:kuririn27:20150625214741j:plain

 

 

やはりここは”被災地”であると

思い知らされる。

 

 

正直この数時間の間のことなので、

少し混乱していて、整理ができていません。

 

明日1日かけて歩き回って、

自分なりに考えて、整理して、

明日のブログで色々とお伝えできたらと

思っています。

 

 

今日はこの辺で失礼します。

おやすみなさい^^