くりりんの世界珍道日記*

〜人が、世界が、好きだから。もっと好きになりたいから、旅に出てみた。〜

スピティ・キナウルを巡る旅3日目【スピティ谷のラングザ、ヒッキム、コミックにバイクを飛ばしていってきた!】

みなさん、相当ご無沙汰しております。

くりりんです。

 

ずっと安定した電波なくて書けなかったけど

実は先日帰国したのでこれからは

少しずつ更新していきたいと思います!

 

まずはこちらをどうぞ!

 

 

さて話を本題に戻しましょう。

 

スピティ谷のキー村や周辺の村を歩き回った翌日、

宿のオーナー、ニックの友人むハンドに

スピティ周辺の見どころへバイクで連れてってもらいました!

f:id:kuririn27:20161208154523j:plain

 

 〈2016年9月14日の記録〉

 

ムハンドとの約束時間は12:00

 

時間通りにこないと思ったけど、

思いの外彼は時間5分前には来てました〜!

 

びっくり(◎_◎;)

 

 

それどころか、

この用事の前にリコン・ピオに抜けて行く際

必要となるパーミットを取りに行っていたのですが、

 

ちゃんと取れているか心配になって

わざわざ足を運んでくれていたとのこと。

※パーミットについては後日お伝えします!

 

 

優しいにもほどがある。

インド人好きだわ。

 

 

そんなこんなで、

ムハンドのバイクに乗っていざ出発〜

 

この日向かったのは、

Hikkim(ヒッキム)とKomic(コミック)、

Langza(ラングザ)の三つ。

 

 

まずはじめに向かったのがラングザ。

 

雄大な景色を一望しながら、

ずんずん標高を上げていきます。

f:id:kuririn27:20161208152808j:plain

 

 

ずんずん

f:id:kuririn27:20161208152741p:plain

 

ずんずんずん

f:id:kuririn27:20161208152920p:plain

 

 

景色が素晴らしすぎてそれに見合う言葉が、

表現が、感情が、追いつきません。

f:id:kuririn27:20161208152852j:plain

 

途中、ムハンドがちょいちょい説明してくれるんだけど、

あんまり聞き取れずとりあえずニコニコしとく作戦に出る私。

 

 

すまぬ。笑

 

 

そんなこんなで到着。

4200mもの高知に広がるラングザ村。

f:id:kuririn27:20161208154533j:plain

 

点在する家々のに囲まれて広大な土地の中で

のびのびと暮らすヤギや羊たち。

f:id:kuririn27:20161208152143j:plain

 

 

彼らは日本の家畜とされている牛やヤギ、

羊たちと比べてどれだけストレスフリーなのか、、、

一目瞭然ですな。

 

動物同様に、

人間でも同じことが言えるけれども。

 

 

更に標高が高くて、見晴らしのいいところにいくと

大きくてカラフルな大仏さま。

f:id:kuririn27:20161208152152j:plain

 

チベット仏教ってなんでもカラフルだよね。

東南アジアの大仏さまもカラフルだけど。

 

 

しばらく写真撮ったりなんだりして、

次の目的地コミックに向かいます。

 

途中でほとんど人に会うことはなかったなかで

出会った人たち。

f:id:kuririn27:20161208152223j:plain

 

彼女らは場所をこうして移動しながら、

燃料となる糞を集めているのだとか。

 

休憩中なのか、

商品となる手袋や靴下を編んでいました!

f:id:kuririn27:20161208151940j:plain

 

 

 

カラフルな色合いが可愛い*

f:id:kuririn27:20161208152217j:plain

 

編み物好きな私としてはもっと話聞きたかったけれど、

それ以上に物を買うように要求されてしまうので

足早にその場を後にしました〜

 

ううう、無念( ;´Д`)

 

 

 

そのあとコミック、ヒッキムと向かいました!

 

 

。。。のですが、、、

なぜか写真がない!!!!?

 

 

コミックにはゴンパがあって、

ゴンパの中には宿坊もあるので泊まることができるし、

 

ヒッキムには世界で最も高地にある郵便局があるので、

よかったら是非行ってみてください!笑

 

 

三地点を周り終わって帰る私たち。

 

帰り道もダイナミックな景色に出会えましたよ〜

f:id:kuririn27:20161208154628j:plain

 

雄大ってこういうことですよね。

f:id:kuririn27:20161208154523j:plain

 

相変わらずの素晴らしすぎる景色に胸がいっぱい

お腹が減りすぎて腹ぽっかりの私。

 

 

そして時間が経つにつれ、

次第に距離が近くなり、

 

ストロベリーなトークが増してくるムハンド。笑

f:id:kuririn27:20161208154616j:plain

 

なんだか頭痛もするし、お腹減ったし、

 

くりりんの調子は下り坂。

ムハンドのストロベリーは上り坂。

 

 

 

 

まずい、

まずいずおおおおおお

 

 

 

てな具合で帰る途中、

家に来ないかストロベリーに誘われたけど、

笑顔で華麗にスルー( ´ ▽ ` )ノ

 

 

ムハンドと雄大ないっぱいお世話になったこの日。

無事カザの町へ戻り、明日の出発のため、

ゆっくりと時間を過ごしたのでした〜。

 

楽しい時間をありがとう、ムハンド〜!!!