くりりんの世界珍道日記*

〜人が、世界が、好きだから。もっと好きになりたいから、旅に出てみた。〜

スピティ・キナウルを巡る旅1日目【マナリーからスピティー谷へ】

〈2016年9月12日の記録〉

 

みなさん、こんにちは〜

いよいよ明日からエジプトへと移動。

初のアフリカ大陸にドキドキくりりんです♪

 
気が向いたら今日も
ポチッとお願いします^^
 
さて今日からスピティ・キナウルを巡る旅を
お送りいたします〜

f:id:kuririn27:20160921165953j:plain

 

AM5:00
 
ヴァシースト寺院の前で待ってくれていた
リキシャに乗り込んでニューマナリーの
ガバメントバススタンドへ。

f:id:kuririn27:20160921164600j:plain

 
早朝にもかかわらず、
バスを待つ人やその人たちを狙うチャイ屋で
意外にも人が結構いる。
 
 
バスが来るのももう少しかかる。
ちょうど目の前にチャイ屋がいるということで、
朝食タイム。

f:id:kuririn27:20160921164609j:plain

 
チャイと何やらパンが隣に並んでいるので
一つ頼んでみたら、
玉ねぎ入りのオムレツを作り始めた!
 
 
なるほど、これをパンにはさむのか。
 
なんて思ったら、
なんとそこにパンを押し付けて一緒に焼き始めた!

f:id:kuririn27:20160921170158j:plain

 
 
めっちゃ
うまそうやないかい!!
 
 
間にケチャップを挟んでくれて、
はい出来上がり〜!!

f:id:kuririn27:20160921164614j:plain

 
 
見た目は悪いけど、
 
 
んまあああい!!!
 
 
これインドで食べた中で
一番美味しいかも。笑
 
 
 
AM5:45
 
カザ行きのバスがやってきた。
 
周りの乗客が走り出したので、
私も負けじと走って飛び乗ります。笑

f:id:kuririn27:20160921170430j:plain

 
もっと人でいっぱいだと思っていたけど、
結構席も空いていました!
私は真ん中の窓側の席を見事ゲット!☆
 
 
イエーイ( ´ ▽ ` )ノ
 
 
なんて浮かれていたら、
 
あとからいっぱい人が押し寄せてきて、
隣に座っていたおじさんに何か言い出して
おじさんが席を立った。
 
 
 
なにやら不穏な空気。
 
 
もしや予約がいるの?
( ;´Д`)??
 
 
 
いやいや、
ちゃんと昨日バススタンドまで来たのに、
いらないって言われたじゃん!
 
 
大丈夫。
大丈夫。
大丈夫!
 
 
 
 
 
ほーら、だいじょおー
 
 
ばなかった〜
( ;´Д`)涙
 
 
 
 
やっぱりね。笑
 
 
男の子たちが来て、
 
「ここは僕たちが予約してる
席だからどいて。」って。
 
 
ムカついて
「じゃあチケット見せてよ!」
 
って強気で言ったら、
困った顔をさせてしまった。
 
 
結局あとから車掌さんが来て、
ここは予約席だから立つように言われて
立たざるおえなくなりました。笑
 
 
 
あんだけ確認したのに、
結局必要なんかーい(*_*)!!
 
ということは、
 
このまま世界一の悪路と噂の道を
立ってすごさなきゃいけないの???
 
 
 
そりゃねえだろう!
 
 
ムカつきすぎて、
 
「車掌に昨日買いに来たのに
必要無いって言われたぞ!
私はどうすべきだったんだ!!」
 
 
 
って怒りをぶつけるも、
ソーリーソーリーで終わり。
 
 
 
はい、チーン。
 
 
 
 
こっから何時間も
立ちっぱとかきつすぎる。
 
 
絶望してたら、
さっき私が怒りをぶつけた男の子たち三人が、
三人席をめっちゃ詰めてくれて
私のためにスペースを作ってくれた。
 
 
 
そして笑顔で、
「ここに座りな」
 
って???✨
 
 
 
 
いい奴らすぎるよ、君たち。
さっきあんな嫌な態度とったのに。
 
 
自分の心の狭さに失望。
そして反省。
 
 
 
 
ありがたく一緒に座らせてもらい、
 
AM6:15 出発。
 
 
マナリー発カザ行きのチケットは
220ルピー。
 
 
んんん?
安くないかい?
 
 
よーく見てみてみると、
25%ディスカウントの文字が。
 
 
座れないからってことで、
25%引きで乗ることができたみたいです。笑
 
ということは、
本来は約300ルピーってことかな〜
 
 
まあラッキーだと思おう。笑
 
 
 
さてさて、バスは峠を越えるべく
どんどん山道を走っていきます。
 
 
 
バスから見える景色は
本当に最高。

f:id:kuririn27:20160921170617j:plain

 

隣の席の男の子たちや私と同じく予約してなくて
立っている男の子たちが一生懸命、
あれはなんだこれはなんだと教えてくれて、
代わりに写真まで撮ってくれます。

f:id:kuririn27:20160921171659j:plain

f:id:kuririn27:20160921170044j:plain

 ほーら綺麗でしょう?
 
 
にしてもみんな優しいね〜
 
 
 
朝食休憩で止まったところで
見える景色がこれ。
 
 
最高!!!!

f:id:kuririn27:20160921171137j:plain

 
 
 
 
ああああ〜
気持ちいいなあ〜!!
 

f:id:kuririn27:20160921171547j:plain

 
 
15分くらい休憩して、
また出発〜!
 
 
 
バスは登り続けどんどん標高を上げていって、
それに伴い見える景色から
次第に緑が少なくなっていっていきます。

 

岩がゴツゴツ〜f:id:kuririn27:20160921174734j:plain

 
 
 
景色がとても気持ちいいなか、
眠気に襲われて寝ようとするも、
やっぱり3人席を四人で座るには当然狭い。
 
寝るに寝きれない私。
 
 
そんな私を気遣って隣の男の子が、
トイレ休憩の後に、
 
「眠たいよね?席を変わるよ✨」
 
って。
 
 
ぬわぁ〜んて
紳士なんだあああ。
( ;  ; )( ;  ; )❤️
 
 
でもさすがに申し訳なさすぎるので、
 
大丈夫だよ^^
 
って言って、
座席から席を外して、
自分の荷物を椅子にして座ることに。
 
 
 
 
したんだけど、
そうすると振動が直に伝わってきて、
途中から気分がどんどん悪くなっていき。。。
 
 
 
とうとう我慢できずに、
後ろのドアの窓から、、、
 
 
解放!!!
 
 
( ´ ▽ ` )笑
 
 
 
お食事中のかたすみません。笑
 
 
 
いや〜もともと乗り物は苦手なんですが、
海外ではなぜか一度も解放(笑)したことは
なかったくりりんでした。
 
がしかし、
今回ばかりは我慢できませんでした〜><
 
 
私が後ろでぐったりしていると、
おっちゃんが私の水を取ってきてくれました
 
 
 
これまたなんて
優しいんだ〜
 
 
 
立ちっぱでも窓の近くで風が気持ち良いし、
景色も見放題、写真も見放題ってことで
解放してスッキリした後も、
そのままドアの前で立つことに〜
 
 
いや〜全然こっちの方が楽。
 
しかもやっぱり、
景色が最高にイイ。

f:id:kuririn27:20160921165953j:plain

 

 
 
行程の半分くらいのところで、
お昼休憩。
 
 
と思ったら、
バスに乗ってた大半が荷物と一緒に
降りだします。
 
 
 
んんんん?
どうしたの?
 
ここでバス乗り換え?
 
 
って聞いたら、
彼らはここから山へトレッキングで入るから、
ここでお別れなんだとか。
 
 
ええええ〜
 
 
 
長い時間同じバスの中で
一緒に景色見たり助けてもらったりして
かなり連帯感沸いてたから、
 
みんながいなくなるのが寂しい( ;  ; )
 
 
 
みんなにお礼を言ってここでバイバイ

f:id:kuririn27:20160921171606j:plain

 
 
いや〜
本当にバスに乗ってるみんな、
 
私がしんどそうにしてると助けてくれて、
あれはなんだこれはなんだって教えてくれて
 
本当にいい人たちだった。
 
ありがとう、皆様!
 
 
 
バスの乗客の大半が折りたため、
バス内はガラガラに。
 
 
こうして私もバスに乗って6時間後に
ワンシートに座ることができました。笑
 
 
 
なんなら隣の席に荷物を
置いちゃったりなんかして。
 
 
楽やな〜( ´ ▽ ` )
 
 
 
 
それにしても相変わらずいい景色。

f:id:kuririn27:20160921170015j:plain

 

f:id:kuririn27:20160921165943j:plain

 
 
そしてまたバスに乗りこんで、
地元の人たちを乗せたり降ろしたり。
 
少しずつ村も出没しだしては
景色も今までとは変わりだします。f:id:kuririn27:20160921172209j:plain
 
 そしてそしてそして!
 
トータル11時間。 
目的地カザに到着!

 

 
 
多分マナリーからカザまでの道は、
普通に座席に座ることができたなら
きつくなかった気がするな〜
 
 
 
確かに途中崖みたいなところを
何度も通って、

f:id:kuririn27:20160921172610j:plain

 
 
あぶねえええええ
((((;゚Д゚)))))))
 
 
ってところもあったけど。
 
それ以上に具合が悪かったし、笑
 
なにより!!
景色が綺麗だった✨
 
 
 
 
そんなわけで、
到着したのはカザのバススダンド。

f:id:kuririn27:20160921172251j:plain

 
 
 
ようやく着いたカザは
本当に小さな町。
 
 
オールドカザとニューカザに分かれてるけど、
すぐ行き来できる距離。
 
 
 
バスの運転手にオールドとニュー
どっちに宿を取ったらいいか聞いてみたら、
オールドのがいいぞってことだったので
バス停から周辺で探してみました。
 
 
ちなみにバス停周辺はオールドカザ。
 
 そこからマインマーケットの通りを
上がっていくとその通り沿いに
ゲストハウスはいっぱいあります。

f:id:kuririn27:20160921172529j:plain

 
とりあえず一番先に見えたゲストハウスに
当たってところ一番安くて500ルピーだって。
 
当然WiFiもない。
 
 
ちなみにWiFiはカザのゲストハウスは
今の所ほとんどないと思ってください!
 
 
一件だけHOTEL ZANG CHUKって
ゲストハウスはあるみたいだったけど、
一番安くて500ルピーで
ほとんど繋がらないに等しいって感じでした。
 
もう一つカフェで使えるところがあったけど、
同じ感じでした。
 
 
WiFiもなくて500ルピーは、、、
 
うーん高い。
 
 
 
綺麗そうだけど、
500は痛いので別を当たります。
 
 
地球の歩き方でドミトリー150ルピー
ってかいてあるザンバラゲストハウスに
行ってみたけど人いっぱいだって断れちゃいました?
 
しかもそもそも一番安くて
350ルピーだって( ;  ; )
 
 
 
なんちゅうことだあ〜(*_*)
 
 
 
カザもそうなんだろうけど、
インド全体に物価が少しずつ上がってますね。
 
 
それでも安いんだけどさ。
去年に比べても上がってるもんね。
 
まあ円が少し上がった今、
去年と比べても結果的にプラマイゼロなんだけど。
 
あ、ちなみに〜
 
↓↓↓2016年9月現在のレート↓↓↓
1ルピー=1.525円
 
 
去年は1ルピー=約2円で、
かける二倍だったからだいぶ違います。
 
 
 
さて話を元に戻して、
ゲストハウス探し。
 
 
他も何件か当たってみるも
だいたい400とか350とか。
 
 
多分一押しで300位にはなるだろうけど、
それにしては綺麗さが足りないな〜
 
300出すならそれなりに
綺麗じゃないとイヤだわ〜。
 
 
ザンバラゲストハウスの人にお勧めされた
ゲストハウスに行ってみました〜。
 
 
 
それがここ!
SACHEN KUNGA GUESTHOUSE
(サチャンゲストハウス)

f:id:kuririn27:20160921172901j:plain

 
くたくたの足でなんとか向かって
一泊いくらか聞いたところ、
 
「ダブルの部屋だけど一人で使って。
300ルピーね。」って。

f:id:kuririn27:20160921172918j:plain

 
うーん、綺麗。
 
バストイレは外だけど、
シャワーちゃんとホットシャワーだし、
 
なにより綺麗。
 
 
でも300かあ、、、
 
 
もう少し下がらないか聞いてみても、
無理そう。
 
 
 
他を当たろうとも思ったけど
疲れすぎたのでここにき〜まり!!!!
 
 
 
聞いてみたら二ヶ月前にオープンした
ばっかりなんだって!
 
 
オーナーのニックは若くて英語もちゃんと話せて、
すごく親切な若者( ´ ▽ ` )
 
 
これからシムラーに下って行くまでの計画を
一緒に親身になって考えてくれました!
 
 
 
 
そんなわけで、
私の旅経験の中で一番過酷だった移動が
ようやく幕を閉じましたとさ〜
 
 
 
 
はあ、疲れた〜
 
 
 
とまあ、
今日はこんなところで!
 
ではでは〜
 
 
 
*旅人情報*
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【移動】
区間:マナリー〜カザ
手段:ローカルバス
料金:220ルピー(25%ディスカウント)
   ※本来は300〜500位の間で
    車掌によって変わるみたい。
時間:11時間
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【ゲストハウス】
名前:SACHEN KUNGA GUESTHOUSE
料金:ダブル300ルピー(シングル扱い)
WiFi:なし
ーーーーーーーーーーーーーーーーー