読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くりりんの世界珍道日記*

〜人が、世界が、好きだから。もっと好きになりたいから、旅に出てみた。〜

マナリーからインドの秘境スピティ谷への行き方!載せちゃうよ〜

 〈2016年9月中旬の記録・情報〉

みなさまこんばんは〜

一人満喫中です、くりりんです。
 
 
ランキングに参加しています^^
よかったらポチッとお願いします♪
 
さてマナリーを満喫したくりりんは、
マナリーからスピティ谷へ
向かいました。
 

f:id:kuririn27:20160918235835j:plain

 

まずはスピティ谷ってなんぞやって
話だと思うので今日はそこから!!
 
スピティー谷とは。。。
 
以下地球の歩き方より抜粋。
 
スピティー谷とはマナリーから山道を越えていくと
現われる標高3000m以上の位置にあり、
荒涼とした大地に氷河の雪解け水が流れる
雄大な景色に囲まれている。
また、チベット文化圏に属し、
岩山の上には仏教寺院がそびえ立つインドの秘境。
 
なんだそう!!!
 
そして特別にみなさんに

先行でスピティ谷の様子をチラ見せ❤️

f:id:kuririn27:20160918235934j:plain

 
 
どうですか?
きれいでしょ!?
 
 
これだけでも
 
ワクワク☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
してきませんか!?
 
 
 
 
インド暦がなが〜い旅の大先輩たちも
みーーーーーーんな、
 
スピティーは良い!!
 
って言うもんだから、
これは行ってみないとってね(=ↀωↀ=)✧
 
 
 
レー・ラダックも行ってみたかったのですが、
なーんか今回はスピティーになりましたね〜
 
どんなもんか楽しみだな〜
 
 
 
さてさてスピティ谷を味わうにはまず、
スピティ谷の中心となるカザという町に行って、
そこを起点として動いていきます。
 
 
 
スピティにいくと決めた当初は
スピティ谷を満喫したらまたマナリーに戻って、
そこからデリーへ向かおうと思っていました。
 
 
が、そのままシムラーに向かって
下りていくルートがあって、
 
 
シムラーに向かう間に
レコンピオナウルなど
秘境っぽい場所があるようで、
 
 
下へおりていくのが面白そうだ!
 
ってことでそっちにしました。
 
 
 
シムラーまで降りた方がマナリーより
デリーに近いしね(^_−)−☆
 
 
 
そんなわけで、
 
くりりんのスピティ・キナウルを巡る旅の
はじまりはじまり〜
 
 
 
 
 
【ルート】
マナリー→カザ→タボ→リコン・ピオ→カルパ→シムラー→デリー

f:id:kuririn27:20160919000056j:plain

 
残念な地図ですみません。笑
ベースはマップスミー!
 
 
さて、スピティ谷へと向かうには、
まずマナリーからカザという町へと
向かわなければなりません。
 
 
行き方はこれまた三択
 
・車をチャーター
・ミニバンでいく
・ローカルバス
 
 
〈車をチャーター〉
 
旅行会社を通して、
何日間の行程組んでいくことができるみたいで、
自分たちの止まりたいところで止まったり、
月の湖というローカルバスでは止まらない場所で
キャンプをしたりできるみたい。
 
料金は不明だけど、
それなりにすると思います〜
 
 
〈ミニバン〉
 
ミニバンも上記と同様に、
旅行会社を通して予約できて、
カザまでで確か800ルピーくらいだった気が。
 
 
 
それにヴァシーストまで迎えが来てくれるから、
ニューマナリーまで自分で足を運ばなくて
済むから楽みたいです!
 
これまた止まりたいタイミングで
止まってくれるから写真いっぱい撮れるって〜
 
ぶっちゃけこれが一番おすすめだと思う。
 
 
そしてくりりんが選んだのが、、、
 
〈ローカルバス〉
料金は大体400〜500ルピーくらいだって
宿のオーナーのサンジュさんが言っていました^^
 
 
 
バンの方が快適だしそんなにお金も変わらないけど、
私はあえて地元の人ともみくちゃになりながら、
カザへと向かうことを選びます。w
 
 
マナリーからカザへは
大体8時間。
 
 
 
マナリー発カザ行きのバスは、
ニューマナリーのガバメントバススタンドから
朝の6:00に出発。
 
 
ヴァシーストに宿を取っていると、
この時間リキシャーもいないから自分で歩いていくか
事前にタクシーもしくはリキシャを
予約しておくのがベター。
 
 
 
 
私は友達がリキシャと話をつけてくれて、
 
ヴァシーストからニューマナリーまで
深夜料金を考慮して150ルピー
いくことができました。
 
ちなみにタクシー200位だって!
 
 
 
 
早朝5:00
 
 
こうしてお迎えに来てくれたリキシャへと乗り込み、
ニューマナリーへ。
 
スピティ谷へと向かう1日が始まったのでした〜
 
 
今日はここまで( ^ω^ )
次回からいよいよスピティ谷本編へと
入っていきますよ〜