読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くりりんの世界珍道日記*

〜人が、世界が、好きだから。もっと好きになりたいから、旅に出てみた。〜

ハンピ二日目*マータンガの丘に登って、景色に感動!脱帽!!なぜか涙〜!!!!の巻。

 

 

はい、こんばんはー^^

完全にインドっ子くりりんです。
一ヶ月後には日本にいることが全く想像できません。
くりりんです。
 
まずはこちらをポチッと。*
 
 
さて、ハンピです。
完全に心を鷲掴みされた翌日。
 
朝から活動し、
ハンピを一望できる
マータンガの丘
登るところからスタートです。

f:id:kuririn27:20150816184022j:plain

 

 
ゲストハウスを出て、
バス停の方に向かって前日に行った寺院の
反対の方に曲がって進むと、
巨大な岩たちと遺跡が迎えてくれます。

f:id:kuririn27:20150816180934j:plain

 
早くもワクワクが止まらない私。
 
 
この岩山を登った先に見える景色って
一体どんななんだろうか。
 
 
ああああ
楽しみすぎるよ〜
 
 
 
日本に出る直前くらいに
登山にハマりだしたこともあり、
テンションは最高潮。
 
 
 
さりげない矢印なんかに沿って進みます。
 
丘に登る手前に咲く綺麗なお花たち 。

f:id:kuririn27:20150816181054j:plain

 
こういったさりげない素朴な出会いが
何よりも嬉しいんです。
 
 
 
女子の心は失いつつありますが、
少女というか少年というか
まあ、こどもの心ですね。
 
こどもの心は忘れてません。
むしろこれでもかってくらい持ち合わせております。
 
 
あああ
素敵や。
 
 
そして石の階段をぐんぐん登ります。

f:id:kuririn27:20150816181117j:plain

 
 
ある程度登ると、
巨大な岩たちが目の前に。

f:id:kuririn27:20150816181236j:plain

 
 
そして巨大な岩を削ってつくった足場に沿って登っていきます。

f:id:kuririn27:20150816181254j:plain

 

 
 
ひゃ〜
 
実はちょっぴり高所恐怖症な私。
 
これ落ちたらどうなっちゃうんだろう〜
 
 
うひょ〜
 
 
さらに登っていくと、
頂上の神殿が見えました!!

f:id:kuririn27:20150816181322j:plain

 
 
あともう少し〜
 
 
すると途中で
洞窟発見!!

f:id:kuririn27:20150816181346j:plain

 
 
 
なんだかおもしろそーやんけ、おい。

f:id:kuririn27:20150816181444j:plain

 
 
ってなわけで、
少しビビりながらもガシガシ進んでいきます。

f:id:kuririn27:20150816181422j:plain

 

 
 
 
結構奥まであって、
最終地点にあったのがコチラ。

f:id:kuririn27:20150816181523j:plain

 
 
 
えーっとこれは、
なんぞや( ∵ )?
 
 
きっと意味のあるありがたいものなのだろう。
手を合わせておきました!!
 
 
洞窟を出て、
神殿のある頂上へ向けて
ラストスパート。
 
 
 
 
つ、つ、ついた〜!!!

f:id:kuririn27:20150816181839j:plain

f:id:kuririn27:20150816181753j:plain

 
 
 
神殿の上に登れる階段!

f:id:kuririn27:20150816182014j:plain

 
 
そしてこの景色!!!

f:id:kuririn27:20150816182050j:plain

 
 
 
いや〜脱帽!!!

f:id:kuririn27:20150816182111j:plain

 
 
 
そういやハンピをネットで調べたとき、
NAVER 
 
”今、ハンピがアツイ!!”
 
って感じで まとめられてたな。
 
本当にその通りだわ。
 
 
 
もう感動です。
こんな景色に出会わせてもらえて
本当に感謝。
 
 
あまりに景色が綺麗すぎて、
自然と人間の歴史の融合が素晴らしすぎて、
ぼけーっとみとれてたらいつの間にか
一時間くらい眺めていました。笑
 
 
 
そして下に降りて、
神殿に祀られている神様のところに
あいさつに行ったら、

f:id:kuririn27:20150816181930j:plain

バラモンかな?
 
ここで神殿と神様を守っているであろう人がいました。
 
ここには多くの人が観光としてやってくるのですが、
小学生くらいの子どもたちから大人まで
みんながきちんと心を込めてお祈りをしていきます。
 
 
それまでどんなにはじけてる子供達も若者も
祀ってある神様の前だと
きちんと手を合わせて頭を下げて敬意を示す。
 
 
日本では、あまり見られない光景ですね。
 
 
どの宗教がいいとか悪いとかそういう問題ではなく、
単純に古くからの伝統が浸透され、
それが自然と生活の一部として大切にされている。
 
そこに美しさを感じずにはいられません。
 
 
私も彼に呼ばれて一緒にお祈りをし、
そのあと少し話をしました。
 
 
なんだか心が解放されたかのように
彼といろんな話をして、
いつの間にか号泣していました。
 
 
彼は黙って私の話を聞いてくれて、
最後に大丈夫だって言ってくれました。
 
 
話すだけ話をして、
なんだか心がすっきりした私。
 
 
いや〜
なんとも不思議で、ありがたい時間。
 
彼は英語は話せないけれど、
心を込めて話してくれたのがすごい伝わりました。

 

本当にありがとう。f:id:kuririn27:20150816183045j:plain

 
 
感謝を伝えて神殿をあとにし、
登ってきたのとは反対に降りてみました。
 
 
反対側に降りて行き着いたのが、
この遺跡。

f:id:kuririn27:20150816183143j:plain

 
 入口から中に入って、

f:id:kuririn27:20150816183232j:plain

広がるこんな世界。

f:id:kuririn27:20150816183318j:plain

牛ものんびり気持ちそう。

f:id:kuririn27:20150816183355j:plain

 
 
うーん、本当にいっぱいあるなあ〜
 いくら見ても見切れないよおおおお。
 
 ってまだ全然見てないんだけど。笑
 
 
それにしてもこれら全部、
人間の手を使って造られたと思うと
昔の人には敬意を払わずにはいられませんね。
 
もちろん、象とか動物や、
力車なんかの道具は使ったんだろうけど、
それでもすんごい。
 
 
今みたいに、なんでも電気や燃料を使って
機械メインで造られているものとはわけが違う。
 
 
とはいえ、
人力でやっていた時代があるからこそ、
こうしたほうがいいんじゃないか、こんなものが必要だって人間の思考が動いて、
実現を重ねて今の技術があるんだもんな。
 
 
すべては単体では存在できなくて、
繋がっているんだよね。
 
 
過去があれば現在(いま)もあって、
未来もある。
 
現在はいつか過去になり、
未来はいつか現在になる。
 
 
歴史は繋がっているって実感させられますね。
 
どんなに惨めで辛い現在でも、
必ず繋がっているんだ。
 
 
リアルで野宮も言ってたな〜
 
 
うん。だからこそ未来のために、
過去をないがしろにしないために、
 
今を丁寧に生きよう。

f:id:kuririn27:20150816184022j:plain

 

 
 
 
さて、そんなことを感じながら遺跡群を歩いて進んでいくと、
前方におばちゃん達がなにやらやってる。

 

 
 
気になる気になるぅううう
 
 
 
行ってみると、
おばちゃんたちが草刈りをしていました!!

f:id:kuririn27:20150816184113j:plain

 
 
なんで草刈り!?
 
遺跡を守るためにやっているのかな。
これも公共事業の一環なのでしょうか。 
 
興味本位で近寄って行ったのに、
なんだかすごい可愛がってくれて
 
どっからきたのか一人か、少し休んでけ!!

f:id:kuririn27:20150816184221j:plain

 
って感じで、
ヒンディー語だから確かは分からないけど、なんとなくそんな感じが伝わってきました )
 
 
おばちゃんたちと楽しく話をして、
少し草刈りを手伝ったりして過ごしました^^

f:id:kuririn27:20150816184248j:plain

 
 
そのあとも遺跡を目指して進んで行ったのですが、
たくさんの人たちが草を刈ったり木を剪定?
したりしていました!
 
いや〜それにしても、
 
アジアはどこの国も女性が本当に働き者で
なにより、たくましい!!

f:id:kuririn27:20150816184315j:plain

 
 
男性もちらほらいましたが、
おばちゃん達が木の枝をガンガン切りまくっているのを横目に、
 ぺちゃくちゃおしゃべり休憩したりしてました。笑
 
 
私も将来スーパー肝っ玉母ちゃんになりたいなあ
 
 
さて、こんなふうにのどかな景色を越えていくと、
 川に出ました〜

f:id:kuririn27:20150816184347j:plain

 
そして川沿いにまた遺跡が。

f:id:kuririn27:20150816184431j:plain

 
 
多くの人がまたも訪れていました。
 
 
川岸になにやらマルイのがいっぱい。

f:id:kuririn27:20150816184501j:plain

近寄ってみるとどうやら小舟らしく、
これに乗って向こう岸に渡れるようです。
 
 
うーわー
寸法師やああ〜

f:id:kuririn27:20150816184537j:plain

 
 
これに乗る勇気はありませんが、
こういうのは好き。
 
 
 
こんな感じで、
休憩がてらひとまずゲストハウスに戻り、
 
この後一大イベントを迎えるのでした〜
一大イベントとはなんぞや!?
 
 
詳細はまた次回のブログで〜