読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くりりんの世界珍道日記*

〜人が、世界が、好きだから。もっと好きになりたいから、旅に出てみた。〜

ゴール二日目。バスに揺られて、ウナワトゥナに行ってきた!の巻。*

 

こんばんは^^

インドに来て半月が経って、

インドの汚い、臭い、下品、に

 

ありえないありえないと言いまくってきましたが、

ありえないのは受け入れない自分だと気付いた、

そんなくりりんです。

 

まずはこちらをポチッと!

 

さて今日はゴールへ到着した翌日。

 

この日はゴールから少し足を伸ばして、

ビーチで有名なウナワトゥナに

行ってきました〜

f:id:kuririn27:20150727200541j:plain

 

 

朝起きて、

 

さてさて行くかあ〜

なんてのほほんと支度していたら、

 

前日夕方にチェックインした

マレーシア人のお二人と入り口で遭遇。

 

 

少しお話しをして、

今日はどこへ行くの?なんて聞かれて

ウナワトゥナに行くことを伝えたら、

 

 

それじゃあ私たちも

一緒に行くわ!

 

って。

 

 

 

んんん?(⌒-⌒; )

 

それは一緒に

行動するってこと?笑

 

 

 

 

このブログを普段から読んでいる方、

私のことをよく知っている方は

ご存知かと思いますが、

 

私、旅では基本的に、

一人で動きたい派です。笑

 

 

なぜなら、

誰かと行動をともにすると、

歩くペースから入る店、行き先まで全てを

相手に気を遣ってしまって

行きたいところに行けないんだもん。

 

そしてその結果楽しむどころか

疲れてしまうから。笑

 

 

しかもこの日は一人でじっくりゆったり

動きたい気分でいっぱいだったので、

 

この二人の出現に私の心は

大きく動揺しました。笑

 

 

はじめに私に対して、

 

一緒に行ってもいい?

 

なんてクッションもなにもなく、

もうすでに決定事項として一緒に行く気満々のお二人。笑

 

 

いや、いいんですけどね。

いいんですよ、こういう国際交流も旅の醍醐味だし。

 

それにきっとバス停が分からないから、

私の後をついていってるだけだろうし。

 

なんて自分を落ち着かせて、

一緒に出発してバス停へと向かいます。

f:id:kuririn27:20150726141315j:plain

 

 

が、この二人。

 

そんな甘っちょろいもんじゃ

なかった。笑

 

 

 

この個性満点のお二人は、

歩くペースもバラバラ。

 

 

女性の方はスタスタ行っちゃうのに、

もう一人の男性はそれはもうスローペース。

 

 

とりあえず遅い方にペースを合わせましたが、

もうね、遅いのなんのってって感じなんです。涙

 

 

早速気を遣ってしょうがない私。笑

 

 

 

早々に予想外の疲れを感じながらバス停について、

ウナワトゥナ行きのバスに乗り込みます。

 

 

きっと現地に着いたら

すぐ別行動になるだろう。

 

 

そう思って、というか願って笑、

20分バスに揺られて、

ウナワトゥナに到着。

 

f:id:kuririn27:20150727200624j:plain

 

これからどうするのか?

改めて聞いてみましたが、

 

 

私たちはあなたの行くところに

全て連いていくから気にしないで!

 

って。

 

 

ぐぬぬ( ;´Д`)

 

いやいや、

私の意見とか押し込んでる感情とか

感じようとする気ゼロですやーん( ;´Д`)

 

 

ここでもう行動をともにすることに

腹をくくりました!

 

そしてビーチに向かって歩いていくことを伝えると、

 

 

えええ!?

ビーチまでは遠いから

トゥクトゥクがいいんじゃない!?

 

って。

 

ほら〜

早くも意見の不一致

生じてるよ〜😭

 

 

 

私はですね、

基本的に歩いて回るのが好きなんですよ。

 

チャリンコでもなければバイクでもなく、

トゥクトゥクとかでもなく、

 

自分の足でじっくり歩いて回って

気になるものがあったらふら〜って寄ったり、

写真を撮ったりしたいんですよ〜

 

そもそもビーチまで

ちっとも遠くないしね!笑

 

 

年齢も半分以上違うだろうし、

やっぱりこれは別行動したほうが互いのためだと思い、

 

 

 

やっぱり別々に回ろう!

私は歩いて回りたいし、

入りたいお店に入りたいから!

 

 

っていくら別行動を推奨しても、

 

 

No problem!

No problem!

 

あなたがルールだからね!

あなたが歩くならわたしたちも歩くよ😉✨

 

って。。。

 

 

 

いやいやあんたがたが

No problemでも、

私にとっちゃ

problem なんだってば〜😭

 

 

しまいにゃNo problem って言いながら

二人でノリノリに即興で歌作って

歌い出しちゃうし。。。苦笑

 

 

いや、本当に陽気で素敵なお二人なんですよ?

 

でもね、でもね、

相手の気持ちってもんをもう少し

感じ取ろうとする姿勢は必要ですよ〜😭うわーん

 

 

って感じでもうほとほと

疲れてしまいました。。。

 

 

これだけ言っても全く通じないし、

私のいくところに行くって言ってるし。。。

 

 

もういいや!!

気にしたってしょうがねえ!!

 

 

ってことで、

本日二度目の腹くくり。笑

 

 

相手に気を遣うのを止めて、

歩きたいように歩いて、

入りたいお店に入って

自由に動くことにしました。笑

 

 

ウナワトゥナはビーチの近くで

観光客が集まりやすいこともあって

かなりゲストハウスがいっぱい。

 

それに伴って観光客向けのお店もたくさん。

 

洋服屋さんとか雑貨屋さんとかアトリエとか

素敵なお店が立ち並んでいて、

 

くりりんの心は

ウキウキ❤️

 

こーんな素敵なおじさんのいる

アクセサリーとショールお店とか。

f:id:kuririn27:20150727200724j:plain 

 

写真にはないけど、

完全ハンドメイドの宝石のお店とか。

 

スリランカは宝石が有名なんですけど、

 ほとんどはタイで作られたものを輸入しているらしく

デザインがみんな同じなんです。

 

が、たまたま通りかかったある宝石ジュエリーショップは

完全オリジナルでそれはもう綺麗で可愛くて、

心奪われまくりでした!!!笑

 

貧乏旅行じゃなかったら絶対買ってた!

 

ピアスとネックレスと指輪三つ

同じ石で揃えてもらって確か12000円くらいだったかな。

 

絶対いつかまた来て、

買って帰ると心に決めてその場を去りました!

 

とまあ、こんなふうに

完全に自分のペースで歩いて

お店で品物を見て、としていると、

 

びっくり仰天。

 

 

いつの間にか例の二人が

いない((((;゚Д゚)))))))!!!

 

 

 

はじめは、

 

大丈夫かな?

何かあったかな?

 

って心配してみたりしたんですけど、

いい大人だし大丈夫だろってことで

 

一人で散策再開。

 

 

 

いや〜それにしても、

私の後をいくらでも連いていく

なんて言っておいて、

 

 

ソッコーで

いなくなるなんて。笑

 

 

一言声を掛けてくれればいいのに。

最初から最後までなんてフリーダムな二人なんだ。

 

でもなあ、私の気持ちが伝わったのかなあ。

きっと気を遣ってくれたんだ。

そうだ、そうに違いない!!

 

 

なんてあれやこれやと考えつつも、

 

結局一人になれた開放感を感じている自分がいて、

誰が一番性格悪いって私だよな〜

 

なんて自分のいやな一面に

がっかりしてたりして。笑

 

 

まあ落ち込んでもしょうがないと思い直し、

さらに歩み進んでいって

こんな方々に出会ったりしながら

f:id:kuririn27:20150727201250j:plain

ビーチに出ました〜

 

 

ビーチはこんな感じ。

f:id:kuririn27:20150727201353j:plain

 

 

うーん、別に。

って感じですね。笑

 

 

私ビーチに来ても泳ぎたい願望って湧かなくて、

基本、眺めていたい派なんですよね。

 

 

それにパラソルとかベンチとか、

海に本来なかったはずの人口的なものが

多ければ多いほど萎えるというか。。。

 

 

だからぶっちゃけ、

このビーチにはなんの魅力も感じませんでした笑。

 

 

ビーチの端っこの丘に佇むお寺があるので、

そこに足を運んで景色を眺めて、

 

f:id:kuririn27:20150727201447j:plain

f:id:kuririn27:20150727201507j:plain

 

十分満足して、

来た道を帰るのもつまらないので

遠回りして戻ることにしました。

 

 

緑道のなかで、

f:id:kuririn27:20150727201646j:plain

綺麗なお花に出会ったり

 

f:id:kuririn27:20150727201556j:plain

 

差し込んでくる木漏れ陽にうっとり。

f:id:kuririn27:20150727201555j:plain

 

 

私はビーチとかより、

こういう方が好きなんです。

 

 

 

仮に人間の手が加わっている

場所であっても、

 

 

人間が人間のためだけに、

本来あるべき自然の上に無理やり継ぎ足したり

作り変えたりしたものではなく、

 

 

自然を尊重し、

共存させていただくという気持ちとともに

控えめに共にあろうとしている場所のほうが好きなんです。

 

 

人間って何をいつ間違えたのか、

この世の中心自分たちが中心に回ってるって

勘違いしていることが多いように思うんですよね。

 

自然だけでなく、

虫や他の動物に対しても同じで。

 

 

虫がそこにいたとして、

気持ち悪いから潰して殺す。

 

とか、

 

犬猫のようになるなとか、

まるで人間より下等な存在のように扱ったり。

 

 

そもそも、

命の尊さや重さに優劣なんてあるわけないのに。

 

イキモノに対しても、

ニンゲンにより近ければ近いほど大事にして、

ニンゲンに遠ければ遠いほど無下に扱う。

 

 

ちょっと気持ち悪いから。

自分たちと違うから。

 

だから殺す。

 

とか、わけわかんない。

 

 

私たち人間は今たまたま、

他の存在を支配出来るだけの力を

身につけているだけにすぎないのに。

 

 

これが仮に進撃の巨人みたく、

ある日突然巨人が現れて、

特に理由もなく足とか腕をもぎ取られたり、

命を奪われたりしたら?

 

 

私たちは死にたくないと恐怖を抱きますよね。

大切な人の命を奪われたら憎みますよね?

 

でもそれって私たち人間が、

他の動物や虫や自然に対してしていることと

同じじゃないですか!

 

 

この世に生を受けて死を迎えるまで生きる。

 

これはニンゲンもイヌもゾウもライオンも、

カブトムシもハエもカもゴキブリも、

 

どーんなイキモノでも

変わらないことなのに。

 

 

 

何勝手に偉そうに自分たちの命だけ

特別だと思ってんだこのやろう!

 

って思うんです。私は。

 

 

もちろん、私はベジタリアンではないので、

他の動物のお肉を食べるし、

食物連鎖というものは、

イキモノのなかでの摂理だからしょうがない部分もあるし、

 

これまで一匹も虫を殺したことがないかといえば

完全に嘘だし、

 

仮に蚊に血を吸われることで、

マラリアとかデング熱を発症するなんていった

命の危険が脅かされるリスクがある場合に応じては

命を奪うことになるんですけど。

 

 

でもなんの理由もなく、

むやみに殺すなんてやはりおかしい。

 

無益な殺生は避けたいと思うのです。

 

私たちは生きる上で、

”命を頂いている”ということを

忘れてはいけないですよね。

 

もっと人間には自分を含め、

謙虚さが必要だなあと思う今日この頃です。

 

 

 

 

ぬぬぬ?

なんでこんな話になったんだ?笑

 

 

とにかくまあこの日はこんなことを感じながら、

バスに乗り込み、ゴールへと戻り、

ご飯を食べてゆったりとして終わったのでした〜

 

 

なんだか最近思考がとまらないなあ〜