くりりんの世界珍道日記*

〜人が、世界が、好きだから。もっと好きになりたいから、旅に出てみた。〜

トリンコマリー最終日。*ゴールへ向うべく電車チケットを購入し、街を散策。やっぱりこの街が好き!

 

こんばんはー^^

インドの汚さに翻弄され、

眉間のシワが取れません。

 

そんなくりりんです。

 

 

まずはこちらをポチッとどーぞ❤️

 

 

さてさてブログへと入りまっせ。

早起きをしてアクティビティーを楽しんだあと、

シャワーを浴びてチェックアウト。

 

その日はそのまま夜行列車に乗って、

ゴールへと向かうため、

電車のチケットを買いに出かけ、

 

その足でトリンコマリーを

散策したのでした〜

f:id:kuririn27:20150725014147j:plain

 

 

トリンコマリーからゴールへは

バスでも電車でも行けると聞いていたので、

電車の駅へ向う途中、

一応バスステーションで聞いてみました〜

 

 

がしかし、

英語話せる人がいなくて、

 

ようやく話ができる人が見つかっても

忙しくて相手にしてくれず。。。

 

 

なんとなく、

これはバスじゃねえぞ!

 

って誰かが言ってるような気がしたので、笑

当初の予定どおり電車の駅へ歩いて向かいます。

 

ゲストハウスから駅までは3キロくらい。

 

あっちーなって思いながらも、

 

街を眺めながらときに人と戯れるのを

楽しみながら歩いていたら、

 

案外あっという間に

着いてしまった〜\(^o^)/

f:id:kuririn27:20150725014305j:plain

 

おおおお!

私はこの感じ、好きよ。

 

 

うん、電車にして正解です。

 

直感でわかります!!

 

 

そしてそのまま窓口へ。

f:id:kuririn27:20150725014352j:plain

ちなみに、

 

トリンコマリーからゴールへ

ダイレクトに向かう電車はなくて、

まずコロンボへ向かい、

そこから電車かバスを使って

ゴールへ向かうのだそうです!

 

 

というわけで、

コロンボ行きのチケットを購入。

 

二等か三等か迷って、

チケット売りのおっちゃんにどう違うのか

しつこく聞きまくりまして、

 

 

しつこっくてうんざり

したんでしょうね!笑

 

 

最終的に、

三等もリクライニングついてるし

ファンもあるし、

どっちも変わらん変わらん!!

 

 

って。笑

 

 

ということで、

三等のチケットを350ルピーで購入。

 

ちなみに

二等は 550ルピー

一等は1250ルピー

 

 

 

このあと地獄を見ることも知らずにね。

うん。

 

 

さてそんな感じで順調にチケットも買えたので、

少し散策しながらゲストハウスに戻ることに。

 

 

海沿いを歩いてきたので、

海を少し眺めに行って。

f:id:kuririn27:20150725014559j:plain

ゲストハウスのが数倍も綺麗だな。笑

 

 

海に面した教会をのぞいたりして。

f:id:kuririn27:20150725014527j:plain

 

街の方に戻ってくると、

マーケットがあったので入ってみました〜

f:id:kuririn27:20150725014804j:plain

 

活気があるねえ〜

f:id:kuririn27:20150725111647j:plain

 

カニさん綺麗だよ、ねえ。

綺麗だよ、あんた。いや、あんたたち。

 

甲羅が透き通ってて、

はさみの先が青いカニさんなんて初めて。

f:id:kuririn27:20150725111742j:plain

 

 

イカ食べたす。

f:id:kuririn27:20150725111905j:plain

 

エビ食べたす。

f:id:kuririn27:20150725111943j:plain

 

それにしてもイケメンだな、おい。

 

 

 

スリランカ人はこれまでの東南アジア

小柄な体型と異なり背がスラッと高い男性が多く、

ホリもより深くてなかなかかっこいい人が多いのです。

 

ちなみにミャンマー人の顔立ちも

私としてはヒットでした。

 

 

はい、どうでもいい〜笑

 

 

 

人々の活気とイケメンに元気付けられ、

マーケットを出てゲストハウスへ向かって

f:id:kuririn27:20150725112023j:plain

 

てくてく。

 

 

途中ヒンドゥー教の寺院があったので、

寄ってみました。

f:id:kuririn27:20150725112057j:plain

 

 

ヒンドゥー教って、

違う宗教なのだから当たり前なんだけど、

それでもキリスト教とも仏教とも違って

 

 

なーーーんか

ミステリアスな雰囲気。

f:id:kuririn27:20150725112137j:plain

 

その場にいるとすぅーっ

取り込まれてしまいそうな独特な空気がある。

 

f:id:kuririn27:20150725112213j:plain

 

おそらく生後間もないこの赤ちゃんに、

おばあちゃんがお寺の奥にあった

神聖なものであろうぬっちゃりとしたのを

頭に塗ってお祈りしていました。。。

 

頭にう◯ちが塗られているわけでは

ありません。笑

f:id:kuririn27:20150725112237j:plain

 

色もピンクとか水色とか緑とか黄色とか

とにかくカラフルだし、神様もファンキーだし、

f:id:kuririn27:20150725112620j:plain

 

うーん、不思議。

 

 

 

そんな感じでまたゲストハウスへ戻り、

時間まで滞在させてもらうことに。

 

二階のテラスから

眺める海が最高。

f:id:kuririn27:20150725112649j:plain

 

 

はあ。

ため息出ちゃう。

 

 

 

しかもぽけーっとしてたら、

オーナーのパパがチェックアウトしてる私に、

 

*チャイを持ってきてくれて、

 

 

*オーダーしないと食べられない、

スタッフの女性お手製のランチを

なぜかタダで知らないけど食べさせてくれて、

 

 

それがもう美味しいの

なんのって。。。??

 

 

完全手作りで、

どこのスリランカ料理よりも

美味しかったです。

 

 

更には、

*出発前にもう一度シャワー

 浴びていきなって。

 

 

 

何度も言いますが、私もう、

チェックアウトしてるんです。

 

 

 

普通荷物を預かってもらうなんてことはあるけど、

長時間テラスでWiFi使ってるなんて

大抵のゲストハウスの方々ならいい顔しないですよ。

 

 

それなのにそれどころか

 

チャイを出してくれて、

ランチただで食べさせてくれて、

シャワーまで浴びさせてくれて。。。

 

 

 

いい人すぎるわ!!?❤️

 

ああああ、

パパありがとう。

 

 

最後にパパとスタッフの女性と

一緒に写真撮って、

f:id:kuririn27:20150725112823j:plain

パパはもうシャワーを浴びて、

タオル一丁のところをお願いしたら

わざわざ着替えてきてくれました?❤️

 

そして散々お世話になり、

いっぱいお話しさせていただいた

州崎さんともパシャり☆

f:id:kuririn27:20150725113241j:plain

 

そんなこんなでお別れの時間。

 

トリンコマリー好きすぎて、

みんなが好きすぎて、

 

行きたくない。?

 

もう一泊したい。?

 

 

でもそうこう言ってられない時間になったので、

 

お世話になった方々にお礼を言って、

州崎さんとも再会の約束をして、

 

呼んでもらったトゥクトゥクに乗り込み

駅まで向かいました。

 

 

そしてちょうどいい時間に到着し、

電車に乗り込みます!

 

 

えーっと私の車両はっっと。

 

とっとっと?( ;´Д`)

f:id:kuririn27:20150725113657j:plain

 

えーっと、、、

くらい。笑

 

これ写真だから少し明るくなってますが、

実際はもっとくらいっす。笑

 

奥の車両は明るいのわかります?

 

とりあえずスイッチらしきものを付けてみましたが、

ファンは動いたけど電気は壊れてて付かない。笑

 

 

まあ、

もうすぐ寝るしね!

 

 

ってことで、就寝。

 

 

できませんでした。。?

 

 

さすが三等で安いだけあって

そりゃもう劣悪な乗車時間でしたよ。笑

 

 

一晩中電車の中で何かがぶつかるような音が

尋常じゃない大きさで響いてて、

 

しかもなんかよくわからないけど、

どっかにぶつかったような衝撃もしょっちゅうで。

 

 

広さとか背もたれとかは特に問題なかったんですけど、

その他もろもろ問題ありすぎでした。。。苦

 

 

ほんとね、

数時間前の私に言ってやりたい。

 

わぁ〜にが、

 

直感でわかります❤️

 

じゃ!!!

 

 

 

その直感といううぬぼれに

従ったおかげで、

一晩中衝撃与えられまくって

ただでさえ少ない脳細胞

一体いくつ減ったと

思ってんだああああ!!!

((((?;゚Д゚)))))))

 

 

 

 

とまでは思いませんでしたがね、

ええ。笑

 

 

まあ、しんどかったな〜

あの電車は。

 

 

これ、二等だったら何か違ったんかな。。。

 

 

 

そんなわけで、

深い眠りにちっともつけないまま

 

朝5時コロンボ到着。

 

 

はああああ。

 

 

 

電車でへ向かうか、

バスで向かうか。。。

 

 

電車はまだ動いていないようだし、

またあの電車に乗るくらいならってことで

 

まだ真っ暗なコロンボを歩いて

バスステーションに移動します。

 

 

 

数百メートルだけなんですが、

その間犬もいるは怪しげな人はいるはで

 

もうビクビクしっ放し。笑

 

 

 

ようやくゴール行きのバスに乗り込み、

爆睡しながらゴールへと向かった

くりりんなのでした〜

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*トリンコマリーからゴールへの行き方*

区間:トリンコマリー〜コロンボ

乗物:夜行列車

料金:一等1250ルピー

   二等550ルピー

   三等350ルピー

時間:早朝(深夜)コロンボ

      ****

区間:コロンボ〜ゴール

乗物:バス

料金:忘れちゃった❤️

時間:3時間くらい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー