読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くりりんの世界珍道日記*

〜人が、世界が、好きだから。もっと好きになりたいから、旅に出てみた。〜

被災の痕跡をたどる。@レイテ島タクロバン、マッカーサー・メモリアルパークにて

こんばんは〜

スリランカなうなのですが、

今日遂にフィリピン人に間違えられました。

なので、そのままフィリピン人で通しました。

 

そんなくりりんです。笑

 

まずはこちらをポチッとお願いします❤️

 

 

今日はレイテ島タクロバンにて、

またもやふらついて見て聞いたこと、

第三弾としてお伝えします〜^^

 

この日は朝起きてまず向かったのは、

マッカーサー

メモリアルパーク

f:id:kuririn27:20150704000308j:plain

 

このマッカーサー・メモリアルパークは、

マッカーサーが太平洋戦争中に上陸したときの様子を

表現したブロンズ像がある、

 

レイテ島といえばここ!

 

って感じの場所です。

 

 

さて、

ではまずゲストハウスを出たところから。

 

ゲストハウスを出て港付近のマクドナルドへと向かいます。

 

あそこにはたくさんのジプニーが集まっていて、

出発点なりやすいです💡

 

 

ジプニーでマッカーサー・メモリアルパーク

いきたい旨を告げて、

あれに乗れって言われたのに乗りました。

 

〜行きとかあったと思いますが、

例のごとく忘れました。笑

 

役に立てなくてすんません。笑

 

 

20分くらいのったかな?

 

乗り換えろって言われて、

言われるがままに別のジプニーに乗車。

 

 

ちなみにジプニーはどちらも

8ペソずつ。

 

安いねっ❤️

\(^o^)/

 

 

 

そんで着いてお出迎えが、

はじめに紹介したこの銅像たち!!

f:id:kuririn27:20150704000308j:plain

 

ここはこれ以外は何もないんですけど、

景色は綺麗だし、

何もないからこそ思いを馳せることができる、

そんな素敵な場所だと思います。

 

f:id:kuririn27:20150704002723j:plain

 

更にもう少し海岸の先を見てみると、

地元の人たちが泳いでる姿が〜

 

ということで、

行ってみましたー^^

 

 

全然きれいなビーチじゃないけど、

地元の子供たちから大人まで

いっぱいでとっても癒されました。

f:id:kuririn27:20150704003048j:plain

 

きれいなビーチももちろん好きですが、

 

私はこういうその土地の表情が思い切り

溢れ出ているような場所が好きです。

 

 

うん、満たされた!!!

 

 

 

そしてふと見ると、

多くのがれきと外壁だけが

取り残されたような建物が。

f:id:kuririn27:20150704003219j:plain

 

当たり前ですが、

ここも台風と高潮の被害にあった場所です。

 

どうやら被災前はホテルだったこの場所。

近くで見れそうだったので、中に入ってみました。

f:id:kuririn27:20150704003311j:plain

 

一体どれだけ強い風が吹いたら、

こんな風になっちゃうんだろう。

 

想像すらできません。

f:id:kuririn27:20150704003326j:plain

 

災害前の姿を私は知らないけれど、

ここには人の暮らしがあって、

人の思いがあったことは確かです。

 

 

空はこんなに青くてきれいなのに、

緑はこんなに茂り、イキイキとしているのに、

f:id:kuririn27:20150704004916j:plain

 

それに似つかぬ被災の痕跡。

f:id:kuririn27:20150704004958j:plain

 

 

そしてその被災の痕跡とともに、

当然のようにそこで日常を過ごす人々。

f:id:kuririn27:20150704003127j:plain

 

 

また、復興により新しい建物を建てることが先決であるためか、

被災後に建てられたであろう新築の建物と

災害により使用不可能となった廃墟とが、

隣同士に並ぶ。

 

そんな光景をレイテ島に来てから

しょっちゅう目の当たりにしています。

 

 

こんな新旧がはっきりとした状態での生活は、

人々の心にはどう影響しているのかな。

 

残った廃墟を見て、

心は痛まないのかな。

 

 

そんなことを考えながら、

海岸を離れ、メモリアルパークを後にし、

ジプニー乗り場まで歩いて向かいました。

 

すると途中で仮設住宅群なるものを見かけたので、

少し拝見させていただきました。

f:id:kuririn27:20150704005901j:plain

 

 

ここがどうやら共通のキッチン。

f:id:kuririn27:20150704005958j:plain

 

ここが共通のシャワーとトイレ。

f:id:kuririn27:20150704010146j:plain

 

f:id:kuririn27:20150704010231j:plain

 

各家庭に割り当てられた部屋に、

キッチンやバストイレが備わっている

日本の仮設住宅とはまた違います。

 

 

各シェルターに番号がふられていて、

私が見る限り16番とまであったので、

このシェルターがこの辺一帯に

少なくとも16棟はあるんでしょう。

 

 

人々の姿に悲壮感はどこも感じられず、

みんなで洗濯をしたり、遊んだり、髪を切ったりと、

 

とても楽しそうな生活の様子が見られました。

f:id:kuririn27:20150704014128j:plain

 

この様子だけ見るともう人々は立ち直っていて、

住む場所も与えられている彼らは十分満足しているようにも

見えてしまったりして。。。

 

そんなとき出会ったのがこの人。

フォルテさん(41)

f:id:kuririn27:20150704014519j:plain

 

とても穏やかでのんびりと生活していそうなこの人。

実は目がほとんど見えません。

 

台風ヨランダが直撃したときに怪我をし、

病院が全く機能せず早期に処置できなかったために

視力をほとんど失ってしまったのです。

 

彼だけではありません。

 

ここで生活をしている人たちは、

みんな自らの家屋を失った人たちで、

誰かしら家族を失っている。

 

 

一見ニコニコして幸せそうに見える人も、

実は重い重い荷物を背負っていたりするんですよね。

 

目に見えるもは全てではないですね。

 

そして表面だけを見るだけでは、

分かったことには当然ならなくて、

 

状況をなんとなく把握することができても、

状況に対する人々の心を理解することは、

当事者でない私にはどうしたってできないことで。

 

そんな当たり前なことを痛感させられました。

 

 

それでも人々の新たな生活がちゃんと始まっていることは確かで、

それだけでもよかったなと思うのです。

 

 

。。。なんて陳腐な。笑

小学生かというような感想ですね。笑

 

すんません。

 

 

他にも道路を歩いていたら、

被災直後の状態で残されている場所を見かけたので、

管理している人に話をして中に入らせていただきました。

f:id:kuririn27:20150704010341j:plain

 

ここは被災前は大きな会社で多くの社員を抱えていたそうですが、

幸いにも死亡者を一人も出さずに避難できたそうです。

 

 

しかしこれだけの被害。

 

被災後は多くの人がこの影響で職を失った

のはいうまでもありません。

 

海から離れているので高潮の被害はありませんでしたが、

台風によって建物がぶっ壊されて、

会社として再起不能になってしまって、

 

1年7ヶ月経とうとしている今も、

そのままの状況で残されているんだとか。

f:id:kuririn27:20150704011227j:plain

 

 

f:id:kuririn27:20150704011250j:plain

 

 

f:id:kuririn27:20150704004938j:plain

 

想像も絶するような風圧に、

どれだけの人が吹き飛ばされたのだろう。

 

雨風に吹かれながら、

どれだけの間大切な人を思って

その名を呼び続けたのだろう。

 

 

何もかも想像でしかできなくて、

しかもそんな想像はとてつもなくリアルには遠いもので、

 

 

実際これだけの建物を破壊し、

人の命を奪い去るような自然の脅威には

触れたこともなくて。

 

 

ぶっちゃけ、

 

こうしてわざわざレイテ島へ訪れて、

被災地を回って写真を撮って、

ときにはそこにいる人に話を聞いて、

 

 

それでだから何?

 

 

って話なんですよ。

 

 

 

私が来たところで何か現状が変わるわけでもなく、

きちんとした英語が話せるわけでもないし、

カメラを撮る技術があるわけでもない。

 

そんな私が誰かにこの現状を伝えようにも、

中途半端な情報収集力では、

正しい内容を得ることもできないし、

ようやく得た情報すらもそれを伝える術を持たない。

 

 

結局ただの冷やかしなのか。

自身の教訓へとすり替えて、

自分だけのための訪問になのか。

 

 

そしてそうならそうと堂々とすればいいのに、

誰かのためではないこの自分本意のような行動に、

人の目をチラチラと気にして、

勝手にうしろめたくなっている自分がいて。

 

 

 

もう自分なんなん😲!?

 

 

とまあ、

こんな感じで荒んでいたわけです。笑

 

 

 

そんなわけで、

どうしてもブログを書く気にもなれず、

せっかく書いたブログも結局自分の思ってることを

ぐちゃぐちゃと書き連ねるだけで、

 

 

誰が読むんだこんなの。

((((∧( 'Θ' )∧))))

 

 

 

って感じです、正直。

すいません。

 

 

でも前々回のブログで話した、

タクロバン到着の翌日に出会ったご夫婦に、

※前々回のブログはこちら

kuririn27.hatenablog.com

 

 

実は、

「どうしてタクロバンへ来たの?」

 

 

と聞かれてですね、

とっさに答えた答えが正直全てだと思います。

 

 

正直いろいろぐちゃぐちゃと考えたら、

それっぽい理由を話すことはできるけど、

 

それは本物ではない。

 

 

そんな本物でない、

理由はいらない。

 

 

これが全てで、

これでいいんだと思いたい。

 

 

 

"I can do nothing.

But I wanted to come here.

And I wanted to talk with evrybody."

 

 

 

きっとこれ以上でもなければ、

これ以下でもないでしょう。

 

 

彼らのために何かしようなんて、

たかだか数日間滞在するだけの私には

とてもできない、言えない。

 

 

 

 

私にできることは何もない。

それでも来たかった。

 

会って、話がしたかった。

 

 

本当に本当にただこれだけです。

 

 

結局何を伝えたかったのかというと、

伝えたいことすら実はこれっぽっちもなくて、

とにかく色々と悩んで考えて、

 

もうぐっちゃぐちゃだよ、

思ってることそのまま書くしかできないよ!

 

だからこれが全てさってことだよ。

 

 

ってことです。笑

 

 

本当は戦争のこととかも考えたりして、

事前学習もしたりして、

色々あるっちゃあるのですが、

 

もうこれ以上書いても、

もっとこじれそうなので今日はこの辺で失礼します。笑

 

 

おやすみなさい❤️